性器カンジタ

その症状、本当に性器カンジタ?自宅で検査、結果はネットで確認!

自宅検査


性器カンジタの症状は他の性感染症と中々見分けがつかないもの。性器カンジタだと思っていたものが実は他の性感染症だったということも多いようです。
現在では国認可の登録衛生検査所で郵送による性感染症の検査が自宅で手軽にできるようになりました。中々病院で検査はうけずづらいという場合はこうした自宅検査を利用してみてはいかがでしょうか?

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて受けられる検査キット

性器カンジダとは?

性器カンジダ

性器カンジダとはカンジダという真菌の一種が性器に感染・増殖したことによって発症する病気です。この感染症は他の性感染症と比べて際立った特徴があります。それは必ずしも性交渉によって感染するとは限らない点です。

 

原因となるカンジダ菌は真菌、つまりカビの一種です。そして体内にもともと存在している常在菌でもあります。他の性感染症のように性交渉によってこれまで体内に存在していなかった細菌が感染するというわけではないのです。そのため、もともと体内に存在するカンジダ菌が活動を活発化させ増殖することで症状を起こすこともあるのです。これを自家感染と言います。自家感染を起こすケースとしては疲労やストレスの蓄積などによる免疫力の低下が挙げられます。

 

多くの性感染症にも共通していますが、症状には男女差があります。とくに男性は感染してもほとんど症状が見られないことがあるので他の人に感染させないよう注意が必要です。男性に見られる代表的な症状としては亀頭部分のただれやかゆみ、水泡、赤みなど。また白いカスができるようになったり、尿道炎の原因になることもあります。

 

一方女性場合には症状が現われやすいほか、膣ど外陰部両方に発症するケースが多く見られます。おもな症状にはかゆみやドロドロとしたヨーグルト状のおりものの増加、炎症による痛みや熱、排尿障害、性交時の痛みなど。

 

このように、性感染症にかかるようなきっかけが思い当たらない場合でも感染・発症することがあるのが性器カンジダの大きな特徴です。ただでさえ性感染症は医療機関での検査・治療をためらうあまり放置してしまいがち。放置したまま性交渉を続けて感染を拡大させないように注意しましょう。また、自家感染の原因となる生活習慣や心身の健康状態の問題をなるべく解消するよう日ごろから努めておくことも重要な対策となります。少しでも気になる症状が見られた場合にはできるだけ早く医療機関で検査を受けるようにしましょう。

カンジタを含め主な性感染症の検査がまとめて受けられる検査キット

 

【カンジタの参考サイト】
性器カンジタの症状

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

性器カンジタの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる